昨日に続いて、本日は真岡落研の「グランドスラマー」について書きます。

 真岡のアマ落語会の「グランドスラム」とは~
*「納涼落語会」  *「下野寄席」または「台町寄席」
*「白布寄席」(はくふよせ) *七井・老人ホーム慰問
~の4シリーズにおいて「トリ」を取ることで、この「4大タイトル」で
「トリ」を経験したメンバーが「グランドスラマー」です。

*「納涼落語会」は真岡の落語会でのいちばん上位の対外発表会
  (OB会の第1号企画)
 ~「50回」開催(派生シリーズを加えると「74回」)  
*「下野」&「台町」は、レギュラー開催の中規模発表会
 ~「下野寄席」は「250回」・「台町寄席」は「70回」開催 
   <共にシリーズ終了>
*「白布寄席」は、真岡高校落語同好会が学園祭「白布祭」で開催する校内寄席
 ~總公演数「128回」 <シリーズ終了>
*七井老人ホーム慰問は、益子町・七井の円通寺にある老人ホームへの慰問
  (真岡高校落語同好会の第1号企画)
 ~「盲老人ホーム慰問」と合わせて「101回」
   <シリーズ終了>
@実は私資料を現在再調査中で、「グランドスラム」に関するデータを捜索
しております。確実なのは、昨日紹介した「ワンハンドレッダー」13名のうち、
12名は4大トリをゲットしております。
 では「未達成」は誰か? 「夢見亭永楽」です!「七井慰問」のトリだけまだです。
実はこのシリーズは2009年に終了しました。当時永楽は高校2年。「トリは3年に
なったら取らせよう」と思っていましたが、翌年新人が入らず(2年連続ゼロ!)
七井慰問は結局未実施の終わり、高校の部も2011年春に永楽の卒業と共に休会に。
 状況が変化したのは、2019年に中学3年男子が入会し、2020年には久々に
高校男子のメンバーが誕生する見込みとなり、七井慰問復活を構想しました。
しかし! 「コロナ禍」で「施設慰問」は実施出来なくなり、年明けて2021年中も
再開困難な状況です。「七井慰問」再開は幻に終わる恐れもあります。
 「永楽~グランドスラマーへの道」は遠くなりました。

#しかし、落研を取り巻く状況が大きく変わった昨今、「グランドスラム」は過去の遺物と
なりました。まず真岡高校落語同好会が休会し、「白布寄席」は消滅しました。「七井慰問」
も終了して再開出来ません。会員も、若手は2010年代になってからは真岡高校以外の
出身メンバーとなり、かつ対外発表会でトリを取るようになるまで成長するのに、少々時間を
要します。
 真岡の落研において14人目の「ワンハンドレッダー」が今後出てくる可能性は低い
ですし、「グランドスラマー」の方は、そもそも成立の前提が無くなりました。
 いずれの存在も、真岡高校落語同好会&OB会が共に元気だった時代の「過去の栄光の
産物」となりました。
 

@予期せぬシーズンオフ入りで、記事も少なくなりますと、どうしてもブログ更新の
内容が、回顧談・データ集・一生楽の世迷言等が多くなってしまう段、平にご容赦を。

 本日は、真岡落研の「ワンハンドレッダー」についてです。
この意味は~生涯の高座活動で「100企画以上出演した」メンバーのことであります。
 真岡のアマ落語会で、高座活動の資料が残っている135名~
*「真岡高校落語同好会OB会」
*「真岡高校落語同好会~落語研究部」
*特別会員・名誉会員
*(第2次)「真岡女子高校落語同好会」
*冗談法人「真岡落語研究会」
(第1次:真岡女子高校落語同好会は、正確・詳細な記録ナシ)
~を対象としています。

 現時点で「13名」(10%程度)おります。それでは上位から紹介します。
(出演企画数は1・20現在)
(1)夢見亭一生楽 「1550」
(2)鬼怒乃家船遊  「777」 *故人
(3)柳貴川起助   「761」
(4)二代目ばらえ亭笑太 「698」 *活動休止中
(5)二代目田舎家村朝  「688」
(6)欅家とん平     「476」
(7)二代目洒落亭風柳  「429」
(8)二代目多摩川家華風 「401」
(9)夢見亭永楽     「357」
(10)二代目夢見亭喜ん朝「275」
(11)三代目夢見亭喜楽 「242」
(12)田舎家村朝    「206」 *故人
(13)二葉亭香楽    「120」 *故人
~さすが、落研の中ではビッグネームばかりです。
彼らには「永世名人」の称号が冠せられます。(かつて、昭和時代には「100企画」
出演することは大変なことで、「いったい何年かかるんだろう」と思われていました。
平成になってから、出番が飛躍的に増加して、永楽などはこのリストの中でいちばん
若いですが、芸歴13年で「350以上」ですから)

 この中で~
#「口演」部門での「100席」以上は当然「13名」
#「前座」部門での「100回」以上は「4名」
#「トリ」部門での「100回」以上は「4名」
#「ヒザがわり」部門では「100回」(100「ホールドポイント」と呼称
  します)以上は「4名」
#「代演」部門では「100回」(100「セーブポイント」と呼称します)
  以上は「1名」(!)
~「出演」を含む6部門すべてで「100回」以上の「シックス・ハンドレッダー」は
二代目田舎家村朝のみです!!

~以上、本日紹介しました落研53年のデータ編でした。

 昨日、大田原市・金田南公民館よりTELあり。
「高齢者学級」で寄席をお願いします~とのこと!
~11月19日(金) AM10:00~11:30
 「笑って健康! 高齢者学級落語会」
(大田原へは、過去、施設への出前寄席・図書館寄席・敬老会など1回くらいずつは
おじゃましております。公民館での「高齢者学級」は初めてかも?)

 かなり先ですが、今年になって出前寄席のオファーは初めてです!
年末からキャンセルのTELばっかりでしたから。
(さかのぼると、オファーのTELは10月29日以来でした。
ただ、4月・5月頃のはなかなか来ないですね~)

↑このページのトップヘ