(きょうの一部線香即席噺)
 「あなたは お坊さんですか?」
 「僧 です!」

 @真岡の落研、52年間で、どういう「自主事業」を展開してきたか。
 シリーズ・タイトルをざっと並べてみました。
 (スタート順に)
 *「納涼落語会」グループ ~ 74回
 *「多摩川寄席」     ~ 12回
 *「下野寄席」     ~ 250回
 *「桃山寄席」      ~ 12回
 *「仮面館寄席」     ~ 12回
 *「アマチュア落語交流会」~ 73回
 以上が「昭和」にスタート。継続しているのは「納涼落語会」のみ(「令和」に入ってからの開催はナシ)

 *「新春爆笑寄席収録落語会」 ~ 19回
 *「台町寄席」  ~ 70回
 *「荒町寄席」  ~ 13回
 *「駅なか寄席」 ~  7回
 上が「平成」にスタート。継続しているのは「荒町寄席」のみ。

 *「田町寄席」 ~ 2回 (「令和」にスタート)

 これが「自主事業」一覧です。個々のシリーズの詳細について語ると本が一冊書けてしまうので、今日はパスです。まあいろいろと飽きずに、めげずに開いてきたもんです。

 <夢見亭一生楽のBOOKガイド>(クラシックス)
 「戦国自衛隊」(半村良:角川春樹事務所・ハルキ文庫)
 新潟・富山県境に演習を展開していた自衛隊一個中隊が、ヘリコプター・装甲車・哨戒艇もろとも突如、戦国時代にタイムスリップ! 
 彼らの前に現れたのは長尾景虎と名乗る武将、すなわち後の上杉謙信であった。景虎の越後平定に力を貸すことを決意した伊庭三尉率いる中隊は、現代の兵器を駆使して、次々と諸将を制圧していくのだが、果たして歴史は塗り替えられるのか? 異色SFの傑作!
 若いころ、確か「SFマガジン」の連載時、夢中で読みました。ミリタリー・ファンなら誰でも夢想するであろう「現代の兵器で戦国時代を戦ったら?」を、見事に作品にしてくれた一冊です。昭和・平成と映画化され、TVドラマにもなりましたが、私が好きなのは昭和版です。
「俺がプロデューサーなら、絶対映画にしたいなあ」と思っていたら、角川春樹さんが映像化しました!原作では「61式装甲車」でしたが、映画では「61式戦車」に変えて登場したのも、戦車ファンとしては感激でした。